(株)コモダ ジェネシス能力開発研究所が開発したジェネシス変速聴システムは、読書により集中力を高めることで、より深く自身を自由自在に長時間コントロールさせることが可能であり、自分の人生において各人の生きる目的の実現を達成させる事への補助的なものの一つとして開発したものです。

簡単に言えば、短時間の間に入って来た情報を素早く頭の中で情報処理をし、理解して、そして早く記憶させること、これを継続させることであり、それをすぐに忘れさせないでいられるかという事です。

集中すること、させることは大変難しい問題です。

人間1人1人には個人差もあり、普通の人では長く継続することは厳しく、難しいと思いますが、私どものジェネシス変速聴システム 極良=スゴイを1日に30分以上は必ず続けてみて下さい。

“継続は力なり”です。

必ず自分の頭の中に眠っている、秘められた色々な潜在能力が引き出されてきて、きっとその効果にびっくりされると思います。そしてその変化を喜んでいただけると信じています。

 

 


2001年12月12日
読書が法律になりました。
『子どもの読書活動推進に関する法律』

子どもの読書活動の推進に関する法律(こどものどくしょかつどうのすいしんにかんするほうりつ)は、子どもの読書活動の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、子どもの読書活動の推進に関する必要な事項を定めることにより、子どもの読書活動の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって子どもの健やかな成長に資することを目的とした法律である。 (ウィキペディアより)

文部科学省:子どもの読書活動の推進に関する法律(平成13年法律第154号) 

 

 

吾輩は本好きな猫である