人は言葉を使って、想いや考えをめぐらします。

言い換えれば、知っている語彙の範囲でしかものを考えたり、理解したりできないのです。

つまり、語彙力そのものが、その人の世界の幅とも言えるのです。

また、自分の気持ちを表現するときも、「やばい」「きもい」「キレる」など限られた語彙だけで済ませてしまう傾向が強くなっている現代、相手に正確に理解してもらう事や、共感を得ることが難しく、コミュニケーションがうまく取れないために、引き起こすトラブルも少なくありません。

それでは、語彙を増やし思考をより深めて、豊かな生活を送るには、今何をすべきなのでしょうか。


<読書の重要性>

2001年12月
読書が法律になりました。
『子どもの読書活動推進に関する法律』

日常生活を送る中で、必要な語彙数は、3,000語程度だと言われていますが、新聞、専門書、論文など高度な文書を理解し、読むためには30,000~50,000語が必要だとされています。つまり、日常生活で使う言葉の10倍以上の語彙の習得が必要になるのです。

実は、高校までに学校で習う言葉の量も、それほど多くは無く、小学校で習う漢字は、約1,000字、中学校では1,100字程度、高校で2,200字程度で、訓読み・音読み・熟語として学ぶことを含めても、トータル10,000語程度にしかなりません。

それに比べ、読書を通して出会う言葉は、1日20~30分の読書を1年間続けると、数10万語になると言われています。 その中で、未知の言葉を差し引いて、身につけられる言葉は1割だとしても、かなりの語彙数が身につくことを考えると、いかに読書が重要かがわかります。

読書をさせることで、IQ(知識)よりもEQ(情操)を身につけ、落ち着きのある子どもになります。

 


ジェネシス能力開発研究所では

幅広い年代の方に対応した誰にでも楽しく簡単に出来る読書システムを開発し、より豊かな生活を送るお手伝いをしています。

「~ゆりかごからシニアまで~」

人生100歳時代を迎え、子どもからシニアの方まで幅広い世代の皆様に対してマッチした、子どもの情操教育、主要5教科(国・数・英・社・理)の学習能力アップ、社会人の方の情報処理能力のアップ、シニアの方には認知症の予防や脳の若返り等にも効果を発揮している画期的なシステムです。